社会福祉法人聖音会 HOME
法人概要
基本理念創設歴史事業内容役員紹介書籍
 
歴史
1 2 3 4 5 6 7 8
創立者の出生から小児保育院設立まで
   
元治元   (1864)   05月10日   創立者佐竹音次郎、土佐国幡多郡下田村竹島にて出生。
         
明治27   (1894)   07月   音次郎(31歳)、神奈川県腰越に「腰越医院」開業。
●内科、小児科の2科からなる。地域柄、結核転地療養者(富裕層)の治療にあたる一方、貧家の施療にも努める。当地の農漁村貧家における児童の惨めさを目の当たりにしたことは、「小児保育院」設立の直接原因となった。
           
明治29   (1896)   07月20日   音次郎(33歳)、腰越医院に「小児保育院」併設。
●当時の孤児院は一般に5歳児以上を収容するのが通例であり、それに満たない乳幼児は里預けとされていた。これに対し音次郎は自らの経験からも子どもを母の手から放してはいけないとし、母子保護を考え、乳幼児から教育して所謂「三つ児魂」を培うことが子どもの将来の幸福に最も資することであると信じ、初生児から収容することにした。また、生みの子も育ての子も一切分け隔てなく愛育するという信条から、全ての収容児童は自らの愛児であるとし、孤児という名称を忌避し小児が保んじて育つようにとの願いを込め「小児保育院」と命名した。「保育」という語をわが国において初めて用いたものである。なお、院内には乳幼児のほか、その母、あるいは、独居老人や知的障害者なども許す限り収容することとし、すべて経費は、自己の医業収入により賄うこととした。

最初期の家族写真の一つ。創立当初より乳幼児及び母子収容を行う。
           
1 2 3 4 5 6 7 8
Copyright, 社会福祉法人聖音会 All rights reserved.