社会福祉法人聖音会 HOME
法人概要
基本理念創設歴史事業内容役員紹介書籍
 
歴史
1 2 3 4 5 6 7 8
鎌倉小児保育園成立まで
   
昭和41   (1966)   10月01日   音次郎の郷里である高知県中村市左岡所在の養護施設「若草園」(高知慈善協会経営)を当法人が経営することになり、若草園は当法人中村支部となる。
初代支部長 宮村正明
●高知県西大半を占める幡多地区は措置対象児童も他に比べて多く、地区内で発生するこれら児童を地元で養護しなければならないということは多年にわたる懸案事項であったが、社会福祉法人高知慈善協会の英断により、中村市の資金協力を得て、養護施設設立に着手し、若草園は昭和32年7月に開園の運びとなった。その後、時代を経て一応戦後の混乱も治まったため、経営主体高知慈善協会は当該施設の閉鎖を検討するに至る。これに対して地域で熱心な存続運動が起こり、主として下記に掲げる理由により当法人に経営移管の白羽の矢が立つ。
1)中村市は当法人創設者佐竹音次郎の出身地であること。
2)園長(当時)西久子が旧鎌倉保育園台北支部の職員であったこと。
           
昭和42   (1967)   02月   高梨奨学金制度発足
●鎌倉居住の日本コカコーラボトラーズ社長高梨仁三郎氏が神奈川県下の養護施設入所児童で高等学校進学希望者に学資援助をしたい旨のご要望が佐竹昇園長に呈せられ、本奨学金の事務所を社会福祉法人鎌倉保育園に設置する。奨学金受給学制は10名以内とされ、本年から昭和48年に特別育成費が措置委託費に加算されるまでの5年間、59名がこれによって高校に就学することができた。
           
昭和43   (1968)   05月   佐竹昇、神奈川県社会福祉協議会会長就任。
           
昭和44   (1969)   11月   佐竹昇、勲四等瑞宝賞授与。

 
           
昭和46   (1971)   04月   佐竹敬、綾瀬ホーム、園長就任。
           
昭和48   (1973)   05月   佐竹昇歿、享年73歳。
佐竹信一理事長並びに養護施設鎌倉保育園園長就任。
           
昭和49   (1974)   04月   綾瀬ホーム、優良民間社会福祉施設として御下賜金をいただく。
           
昭和50   (1975)   03月   綾瀬ホーム、通園施設併設認可(定員8名)。
           
昭和51   (1976)   06月10日   高松宮両殿下ご臨席の下に創立80周年記念式を挙行。
創立80年史(高橋芙蓉編)刊行。

高松宮両殿下とご歓談(於 鎌倉保育園)
           
昭和52   (1977)   05月   法人理事会において高齢の知的障害者援護施設の建設を議決。
           
昭和53   (1978)   09月   上記援護施設建設用地として、地権者見上尚志氏並びに比留川栄氏と土地賃貸借契約を締結する。
           
昭和54   (1979)   07月   高齢の知的障害者援護施設「さがみ野ホーム」開設。
定員56名、8月より入所受け入れ開始。佐竹正道初代園長に就任。

 
           
昭和56   (1981)   05月   綾瀬ホーム、「生活ホーム」設置(定員4名)。
           
昭和58   (1983)   07月   中村支部若草園園長西久子退任、青木浩園長就任。
           
昭和60   (1985)   03月   養護施設鎌倉保育園、園舎修繕工事完了。
           
昭和61   (1986)   11月19日   創立90周年記念感謝式を挙行、併せて「愛に生きる」(佐竹伸著)出版記念式をおこなう。
           
昭和64   (1989)   05月   法人理事会において知的障害者更生施設「綾瀬ホーム」の全面移転改築を議決。
           
平成元       12月22日   理事長佐竹信一、大韓民国ソウル在の永楽保隣院(旧財団法人鎌倉保育園京城支部)と姉妹施設締結のため訪韓。
佐竹敬綾瀬ホーム園長、佐竹順子さがみ野ホーム副園長(当時)同行。
●本姉妹施設締結に至るまでには様々な紆余曲折があったが、旧京城支部職員姜振馨氏のご子息姜斗煕氏のたゆまないご尽力があった。氏は職業軍人として朝鮮戦争に参加、傷病され障害者となるも不屈の精神力により1974年ロンドンの国際身障者競技大会に韓国代表として参加なさった。戦後、激しい反日感情ふきすさぶ韓国にあって、一貫して鎌倉保育園京城支部出身者と自称され、音次郎の支部建設にあたっての聖愛主義を説かれる。

 
           
平成5   (1993)   04月   綾瀬ホーム、移転新築、竣工式を挙行。
入所定員100名、通所定員20名
           
平成6   (1994)   07月   佐竹順子、さがみ野ホーム園長就任。
           
        08月   綾瀬ホームの生活ホーム「ニューハイムひまわり」(定員4名)の新設承認に併せ「ハイムひまわり」(旧聖愛寮・定員4名)の変更が承認される。
           
平成7   (1995)   01月   佐竹信一歿、享年67歳。
仲戸川三郎理事長、佐竹順養護施設鎌倉保育園園長就任。
           
平成8   (1996)   03月11日   社会福祉法人栄光会が高知県に設立認可され、養護施設若草園の経営が当法人より同新法人へ引き継がれる。新法人の理事長に廣井泰延就任。
           
        04月29日   佐竹敬、藍綬褒章授与。
           
        06月02日   仲戸川三郎理事長退任、佐竹順理事長就任。併せて、この時の理事会にて法人名を「鎌倉保育園」から「鎌倉保育の園」と変更することを決議する。
           
        07月18日   社会福祉法人鎌倉保育園創立百周記念感謝の集い挙行。「表と写真に見る百年史」発行。
           
1 2 3 4 5 6 7 8
Copyright, 社会福祉法人聖音会 All rights reserved.